Night and Day

まばたきひとつしないで
窓の外を眺めていた
赤く染まった太陽は
色も形も薄れて
まわるまわるよ いつまでも
笑ってられないわけでもない
青い光 空
夢をまた見てる

信号待ち
大通りの並木とため息は
瞳を閉じてつぶやいた

きっと 夢で逢えたら
祈るような毎日に
光が射すだろう
きっと 届かないから
夜はやがて朝になって
繰り返すんだろう

まばたきひとつしないで
窓の外を眺めていた
流されていく景色は
絶望的なスピードで
神様も知らない場所へ行くよ

きっと 夢で逢えたら
祈るような毎日に
光が射すだろう
きっと 届かないから
夜はやがて朝になって
繰り返すんだろう

不意に泣きだしたスコールと
見たこともない虹
そんな話すら憧れた

きっと 不甲斐ない でも
歩きだしたままでいいよ
笑ってしまうような
いつか いつか流れた
何気のないメロディーが迎えにくる
そうさ



作詞:美代 一貴 作曲:The Cheserasera



- mono space -