思い出して

気が付いた時はそうだった
白いモヤに
僕ひとりだけが立っていて
他にはない

星の寂しさを想っていた
昨日の夢
どうでも良くなり捨てた
悲しくもない

不意に 走った
訳を知る由もないよ
だって 僕は僕だ
出たいよ ここを出してと
思ったとき

投げ出された空の上
何もする暇もなしに墜落墜落
ああ
結局どこへ行っても
愚痴たれるんだな
この期に及んで
台無しにした約束
君のユビ カラダ
自分で捨てたものばかり
思い出して 思い出して

空と海が混じるようだ
視界がまばらに
何も捕らえられず空転
落ちてくだけ
ゴミやチリと変わらない
物になってしまった
思った遥かに僕はちっぽけだな

何故か祈った
価値を知る由もないよ
だって その他にない
未来に期待する
それだけが希望

産声は遠い昔に
あげたままでとうに忘れたよ
ありもしない生まれた意味を
探してるんなら
この期に及んで
後悔ばかりするな
群れの渡り鳥が飛んでゆく
それが君だった
一度きりの出会いだった


気が付けばいつもそうだった
白いモヤに
僕一人だけが立っていて
他にはない
だから走った
訳は知る由もないよ
増して 知る必要(こと)もない
未来に期待する
それだけが答え

投げ出された空の上
何もする暇もなしに墜落墜落
ああ
結局どこへ行っても
愚痴たれるんだな
この期に及んで
台無しにした約束
君のユビ カラダ
自分で捨てたものばかり
思い出して 思い出して

投げ出された空の上
何をする暇もなしに墜落墜落
ああ
ありもしない生まれた意味を
探してるんなら
この期に及んで
後悔ばかりするな
群れの渡り鳥が飛んでゆく
それが君だった
一度きりの出会いだった



作詞:宍戸 翼 作曲:The Cheserasera



- mono space -