乱れた髪を結わえて

遠くへ、連れていって
心配は要らないから

こりない自分勝手な
愛情を持てあまして
真夏の公園を
手を繋ぎながら歩いた

あえて言うなら
君のわからない部分が
また増えただけ
蝉の声が
うるさかっただけ


笑顔が素敵なんて
誰だってそうでしょうよ

居場所を探していた
あげくには押し付けてさ
どれだけ体を交わしても
むなしすぎて壊れた

もう何をしても
君のわからない部分が
また増えるだけ
絡んだ汗も
乾いていくだけ



作詞:宍戸 翼 作曲:The Cheserasera



- mono space -